人気ブログランキング |

ブログトップ

らむ動物病院日誌@蓮田市です!

心臓の超音波研修、advanced courseも修了しました☆

こんばんは☆

今日は、いたくマイクロバブルに感動している院長です。

しえろちゃん、ホント、ふわふわのホワホワになったし!!!(*´▽`*)


ところで、ワタクシ、ラム先生、別名院長、

2014年は、9月頃から、月に1回、セミナーに行かせていただきました。

今回、どーーーしても行きたかったので、ご迷惑をおかけしました。

その成果をしっかり還元できるよう、日々がんばります☆


ところで、何のセミナーだったかというと。

心臓超音波研修、advanved courseです。

勤務医時代、principle course、心臓超音波の基礎コースに通わせていただいたのですが、

今回は、さらに進歩的な心臓の診断ができるよう、

advanced course、進歩的な、専門的なコースに行かせていただきました。

しかも、倍率の高いコースなので、募集開始前から応募するという、ヤル気っぷり。笑

おかげさまで、一番のりで研修に参加OKをいただきました。


ところで!

そもそも、心臓の超音波検査って、なにさ。

ということで、写真入りざっくり解説!!

モデルは、保護犬のシュナちゃん♡


まずは、右下になって、横になってくださいね~

c0245679_20375458.jpg


そうそう、上手です☆

横になってもらうだけでいいので、看護師さんの保定のもと、

全身麻酔などはかけなくても検査ができます。


c0245679_20381937.jpg


まずは、心臓のお部屋のチェックです。

左心房、左心室、右心房、右心室、って、小学校か中学校で、習いませんでした?

ラム先生も、遠い記憶ですが・・・

右側傍胸骨長軸断面、とかって難しい名前がついております。

四腔断面、左室流入路と流出路をチェックします。

心臓の全体の形や、僧房弁閉鎖不全症というとても多い病気も、まずはこの画面でチェックします。

基本的な画面です。


c0245679_2038384.jpg


心臓の壁の厚さを測ったり、収縮できているか、パーセンテージを測定したり、

c0245679_20391241.jpg


短軸像といって、部屋の大きさのバランスを測ったり、いろいろ角度を変えて測ります。


次は、左下になってくださーい。

c0245679_20393641.jpg


え?起きるの?せっかく寝たのに~。と大抵の子が言います。


c0245679_204058.jpg


逆からは、逆流速度を測ったりもするし、

このような波形を見たり、いろんなモードで見てみたりして、

最終的に、

c0245679_20402473.jpg



がんばったねぇ~~~

と、ソーラ先生にほめてもらいます♡


・・・あっ違った。


最終的に何がしたいかというと、

心臓の異常がどこにあるのかを見るのはもちろん、

今、心臓は悪くなりかけなのか、かなり悪くなっているのか、肺水腫一歩手前なのか、

お薬を追加するのかしないのか、麻酔をかけられるのかかけられないのか、などなど、

判断する材料になるのです。


もちろん、極端に進行したり、全然進行しなかったり、

生き物のからだなので、検査ではわからないこともたくさんありますが、

検査をしないで心配になるよりは、

検査をして現状把握をする方が気持ち的に楽なんじゃないかと思う院長です。


日々勉強を積み重ねていきます!!!


ちなみに、フィラリアを発見したりとか、フィラリアによる心臓病の診断とか、

フィラリアを駆除するリスク評価とかも、心臓の超音波検査がいいと思います。


フィラリアについては、色々と治療も新しいものが出ていますので、

また今度、ブログに書いてみようと思います☆
by ramu-ah | 2015-02-08 23:07 | 診療 | Comments(0)