埼玉県蓮田市にある動物病院です♪院長「ラム先生」と、副院長「ソーラ先生」が、動物病院での出来事や日々のつぶやきを載せていきます。
by ramu-ah
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
里親募集
診療
お知らせ
動物さんたち
手術
トリミング
出来事
未分類
最新の記事
お子様向け★ふれあい会写真撮..
at 2019-01-15 18:04
おべんきょう中
at 2019-01-10 12:05
肉球スタンプ&#128062..
at 2018-12-29 19:18
☆★12月23日はぼるとの隠..
at 2018-12-21 17:47
12月23日、保護犬カフェ、..
at 2018-12-21 17:45
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by ramu-ah at 22:04
昨日は診察ありがとうござ..
by うららママ at 18:35
あっ!コメント今発見しま..
by ramu-ah at 21:37
お返事遅くなってすみませ..
by ramu-ah at 21:34
こんにちわ 大分暑..
by ユウぱぱ at 23:00
猫ちゃんってストレートに..
by ユウぱぱ at 22:44
すごい、そんな素敵なこと..
by ramu-ah at 22:06
こんばんは。 先日は、あ..
by ramu-ah at 21:48
こうくんは、じっとしなが..
by ramu-ah at 22:12
ムックくんのママさん ..
by ramu-ah at 11:03
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
犬
猫
画像一覧

☆ポピーちゃんの思い出☆

ソーラ先生が、東京大学付属病院でひぃひぃ言いながら研修医時代を過ごしていた頃のこと・・・042.gif

内科は「神経内分泌・泌尿器科」「循環器・消化器科」「腫瘍・血液科」という三つの科に分かれていて、その時は「消化器科」の研修医1年目。

使役犬として活躍していたラブラドール・レトリバーの「ポピーちゃん」と出会いました056.gif
c0245679_2151187.jpg

どうも下痢が続く・・ということで、ユーザーさんのもとを離れ、診察に来ていたのですが、、、

血液検査やエコー、レントゲン、内視鏡、CTとあらゆる検査をして・・・

腸のガンである「消化器型リンパ腫」と、肝臓の病気「肝内微小血管異形成」という病気が見つかりました

どちらも大変な病気。しかも、この子が「使役犬」という特殊な立場にいて、この状況だと行き場がなく。

安楽死も選択肢の一つでした

ただ、ポピーちゃん自身はまだ元気もやる気もある子だったので、

う~~~ん・・・・・・と、当時の上の先生方と悩み・・・

結局、私が引き取って看取ることにしました

当初はアパート(動物禁止でしたが、大家さんに相談したら、そういう事情だったら・・・と快くOKして下さいました。)
から、二人で通勤しましたが、

だんだんとポピーちゃんの体力も落ちてきたため、最後は実家で一緒に介護生活となりました

日中は母が投薬や点滴、おトイレのお世話、夜は私が注射、私のいない時は父がおしっこをさせたり、、、

「今日はこの豚肉食べた!024.gif」と言えば豚肉を1パック茹でて、結局初めの一口しか食べずにがっかりしたり、

冷蔵庫にあったチーズをあげたら一口食べた!と喜んだり、一喜一憂の毎日^^;

「なんとなく食べたい気はスルけど、ボクいまはソレの気分じゃないんだ」

というポピーちゃんのために、とりあえず、冷蔵庫にあるものは片っ端からあげていきました

c0245679_2129268.jpg

実家のふぁーらちゃんは、ポピーちゃんの点滴が羨ましくって、、背中にテープだけ貼って貰って、満足してます笑

飲み薬も、最低限のものだけにして、無理には飲ませず(本当は飲ませるべきですが)、

今日はコレをこの位食べて、オシッコはこれくらいして、、と家族で記録を取り、みんながポピーちゃん中心の生活でした

辛いだけの人生(犬生?)だったら、安楽死も考えましたが、

そんな生活の中でも、

私が帰ると尻尾を振って迎えてくれて、頭をスリスリして甘えてくれたり、

外に出ると気持ちよさそうにしていたりして・・・今でも、いい思い出です016.gif

忘れられないのが、ポピーちゃんの、何が一番嬉しくって楽しいことなのかな・・・

と、いろいろ試したら、

“コマンド”を出すと、すごく尻尾を振っていい笑顔になっていたこと。

sit =お座り、down=伏せ、stay=待て、one、two=ウンチ&オシッコ、take=取って、chair=空いている席を探して、good=ヨシ、、、などなど、

もう働かなくてもいいんだよ!と思いましたが、そのコマンドを出してあげると、

得意げな顔で、目をキラキラさせて、とっても嬉しそうで、

その顔が忘れられません。

全くの寝たきりになったのは最後2~3日、夜中もずっと家族で付き添い、最期もちゃんと私が帰るのを待ってくれました。

賛否両論あるかとは思いますが、ポピーちゃんの喜ぶ顔を見られたので、引き取って、少しだけでも頑張って闘病してくれて、良かったなぁと思っています。

一緒に暮らして思ったのは、闘病生活って大変ですが、その中でも楽しいことって絶対あるんだなってこと、

治療法も、治療するしないも色々あって、どうしてあげたらいいのか悩みますが、その子のことをみんなで考えて出した結論なら、どれも正解ってこと、

わんちゃん、ねこちゃんはやっぱり、飼い主さんが喜んでくれるのが嬉しいってこと

ただ一つ、最期まで家族の一員として見捨てないであげるべきってこと…



ポピーちゃんが亡くなってからずっと、写真や遺品、闘病日記を見ることはできませんでしたが、らぁくんにぼるとくん、ふわりちゃんと新しい子たちが来てようやく、見ることができました。

やっと、いい思い出にできたかな~なんて思ったりもします。

やっぱり、亡くした辛さは新しい子たちしか癒やせませんね。

ポピーちゃん、みてるかな??

また会いたいなぁ。
                 大学病院にて053.gif
c0245679_21435266.jpg

by ramu-ah | 2016-03-09 22:21 | 動物さんたち | Comments(6)
Commented at 2016-03-11 21:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ramu-ah at 2016-04-09 17:27
そうでしたか、、、コーギーちゃん、最期までご家族と一緒で、幸せでしたね、、(>_<)
とってもお利口さんだったのですね。。
もしかしたら、東大で副院長とすれ違っていたかも知れません!
先代の子は忘れられないですし、やっぱり会いたいですよね(>_<)でも、その子がいたお陰で、動物さんたちの素晴らしさに気付けて、今の子達とも会えたんだな~と思って感謝しています。

そんなステキなお家に行くことができたさんちゃん、とっても幸せですね!これからも宜しくお願い致します。

Commented at 2016-05-16 12:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ramu-ah at 2016-05-19 11:57
ムックくんのママさん
コメントありがとうございます。
チッチちゃんもムックちゃんも、可愛かったのでしょうね・・光景が目に浮かびます。。
捨てられてしまうワイヤーさん、少ないですが、どうしてもゼロにはならないので、、、その時はご協力頂ければと思います。
ワイヤーを飼ったことがないと、なかなか引き取るのもハードルが高い犬種で、、、ムックくんのママさんのような方がいらっしゃると、心強いです。今後も宜しくお願い致します。
Commented at 2016-05-19 23:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ramu-ah at 2016-06-06 11:03
ムックくんのママさん
お返事が遅くなってしまい、スミマセン(>_<)
ワイヤーちゃん、引き取られるとのお話、とっても嬉しいです!!
人とのちゃんとした生活は初めてだと思いますので、まずは環境に慣れるところから、、、大変なこともあるかと思いますが、どうぞ可愛がってあげて下さい☆ 因みに、病気については何ともはっきりお答えはできませんが、恐らくひどい環境にいた子だと思いますので、それによるものも大きいかな?と思います。普通のお家に入って、ケアして頂ければ良くなるものも多いと思います!